楔劣化・脱落事例

<定格>

110kW 6P 3300V 

 

<状況>

連続運転中に固定子の楔が劣化、脱落しU-W相と接触した。

 

<原因と波及被害>

分解調査の結果、固定子楔の部分的ゆるみ、脱落して回転子に接触、エアギャップにかみ込み破砕

し摩擦熱により他の楔の過熱損傷へと波及、固定子コイルエンド内面の絶縁が過熱し、外部絶縁が

損傷した。

 

<前回の絶縁診断報告書より>

「直流吸収試験に於いて、成極指数が判定基準を外れており、吸湿・汚損等が見受けられました。又、部分放電試験に於いてもQmax2の値が判定基準を外れており、過熱による鉄心とコイル間の隙間の部分放電と考えられ、洗浄・乾燥・ワニス処理を含む分解整備の計画を立てる必要があります。」と記載して指摘報告済でしたが、残念ながら今回の突発事故となりました。

 

<今回の絶縁診断報告書より>

「今回分解整備時に絶縁不良個所が見受けられ、絶縁強化対策として絶縁樹脂にて応急的に処置を行った為、部分放電試験の値は判定基準内に下がっております。しかし応急的な処置であるため、今後一年毎に診断実施し監視又は更新を行う必要があります。」と記載して報告させていただきました。