直流電動機 整流子廻り故障事例

 

最近、保全に携わる方だけでなくオペレータの方がメンテナンスを行われるケースが増えています。

 

今回の場合も定期的な点検や清掃で発見できる事でしたが現実的には色々と問題があるようです。

 

周期を決めて保全の方などが点検をする事が得策です。

 

<定格>

150kW 440V  1750rpm

 

<状況>

運転中に整流子廻りからスパークと発煙が発生し、過電流で停止した。

 

<原因>

刷子が摩耗し、使用限界を超えた状態で運転をしていた為、刷子の金具と整流子面が接触しフラッシュオーバーに至ったものです。